keiri-kaizen

経理の業務改善/IT化

経理業務の再設計

アップスマートでは経理の業務改善、IT化の支援を行っております。

デジタル化の加速や人材不足に伴い、経理という仕事も変化を求められています。クラウド会計システムの導入や、クラウドツールの活用による他業務のデジタル化、ローコードツール(Kintoneなど)によるアプリ開発などにより、経理業務の改善を図ることができます。

会社によっては戦略的にBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)という手段を採り、経理業務をまるごとアウトソーシングし、本業に専念し売上アップを図っている会社も増えています。

業務改善から、IT化、BPOまで、まずはアップスマートにご相談ください。

なぜ業務改善/IT化が必要か?

経理業務にかかわる経営者の悩み

経営において経理はなくてはならない業務の一つです。実際の業務に直結しない内容であるにも関わらず、お金の管理ということで欠かすことはできません。

・日々の領収書の整理や決算に追われている

「信頼できる経理担当者がいるから、経理代行なんて不要だ」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、決算期には何かとバタバタして、経理担当に苦労をかけているというケースも多いのではないでしょうか。
自社採用の場合、「雇用社員様主体」で退職希望の報告をうけるので、突然の出来事・採用業務に慌ただしくなるということもあるでしょう。

・人材不足によって適任者がいない

経営者にとって、経理を任せられる存在は信頼のおける人であるはずです。高い専門的知識が必要であり、また、会社の経営に直結するために守秘義務の遵守が求められるなど、高い人間性も要求されます。 しかしながら、売り手市場の昨今において、そのような負担の大きい経理を希望する人は減少傾向にあるといいます。その結果、特に中小企業では経営者が経理を兼務することになり、本来の業務に専念できなくなるばかりか、経理業務にも支障を来たし、最悪の場合は経営判断を誤ってしまうリスクさえあるのです。

売り手市場の昨今、専門的な知識が必要だったり、会社の経営に直結する為に守秘義務があったり、負担の大きい経理を希望する人も減少傾向にあるといいます。 退職のたびに採用に奔走することを卒業することができるなら? 決算などの繁忙期にかかる人件費を削ることができるなら? 創業当初からのその手順、見直すことで経費も労力も大幅に改善できるなら? あなたの会社はまだまだ改革の可能性があるかもしれません。

経理業務の業務改善/IT化について

「信頼する経理担当がいるから、経理代行なんて不要だ」と思う皆さんも、決算時期は何かとバタバタして、経理担当に苦労をかけているという企業も多いのではないでしょうか。継続的な経理代行業務だけでなく、スポット的な経理サポートやソフト導入のご相談も行っています。マニュアルの整備のお手伝いや業務改善について単発でご提案させていただくことも可能です。客観的な立場で無駄な部分を見つけだすことで、経理業務を再設計してみてはいかがでしょう。

経理業務の業務改善/IT化の手法

経理の業務改善01 – クラウド会計システムの導入

クラウド会計システムの導入は大きな経理の業務改善に繋がります。

クラウド化により①銀行データと連携など、入力作業が効率化されること②税法改正やソフトウェアのバージョンアップなどの変化において更新不要で常に最新のソフトを使える③外出先からスマホなどで確認できる④APIの活用により他のシステムと連携できる、などのメリットがあります。

導入時は、最適なシステム選びのアドバイスから始まり、パソコンの初期設定、システムの導入、テスト運用を経て、運用を開始します。

経理の業務改善02 – GoogleWorkspaceの導入

Google Workspace導入により様々なメリットが生まれます。①メールをクラウドで送受信でき、スマホやパソコンをまたいで送受信を行ったり②グーグルの強力なフィルタリング機能で迷惑メールによるセキュリティリスクが抑えられ③Googleドキュメントによりネット上でWordやExcelを操作するようなことができ④スケジュールをクラウド上で管理④Googleドライブによりパソコンのファイルをクラウドで管理し、パソコンやその他デバイスをまたいで管理することができます。Googleのサービスのためこれらの機能は直感的に理解出来、特別なレクチャーが無くても使用できます。

導入は、①現状のヒアリング②ドメインの所有権確認、アカウント登録③メールアドレスの登録④デバイスの初期設定を実施、という流れで導入を行います。

Google Workspaceについて詳しく

経理の業務改善03 – Kintone(キントーン)の導入

Kintoneの導入により①脱エクセルを図り、整理された状態での情報記入したり、スマホアプリから入力することでの業務改善②日報など様々なアプリを作り、経理業務を改善③営業管理システムなどと会計システムを連携することで業務改善などを行うことができます。

APIの連携により、既存のクラウドシステムとKontoneとの連携、クラウドシステム同士の連携などを行うことができます。

導入の流れは、現状をヒアリングし、システムの雛形を速やかに作成、運用しながら改善していくアジャイル開発の形で導入いたします。月額契約を結んでいただいて、継続的な開発も行えます。

経理の業務改善04 – 経理アウトソーシングサービスの導入

現代的な経理では、経理に関するさまざまな問題を「経理代行」によって解決します。決算などの繁忙期にかかる人件費を削ることができます。退職のたびに採用に奔走する悪い流れにつながらなくります。創業当初からの旧い慣習を見直すことで経費も労力も大幅に改善できます。

「経理代行」によってまだまだ改革の可能性が残されています。経理代行は「経営者様主体」で継続や終了を決めることができます。経理代行を依頼することは、専門の経理担当を半永久的に雇用したことと同義です。 また、経理代行は経理のプロですから、業界にも精通しています。「より便利なソフトの導入」「業務効率化」など、最新の情報をいち早く提供し、業務を改善していくことも可能になります。

 

経理の業務改善/IT化のまとめ

アップスマートでは、スポット的な経理サポートやソフト導入のご相談も行っています。 マニュアルの整備のお手伝いや業務改善について単発でご提案させていただくことも可能です。客観的な立場で無駄な部分を見つけだすことで、経理業務を再設計してみてはいかがでしょうか。

サービス内容等についてはお電話やメール、LINEにてお気軽にご相談ください。

アップスマート

経理業務のアウトソーシング、その他IT導入や経営コンサルティングに関することはお気軽にお問い合わせください!

03-3221-3633

月〜金 9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

PAGE TOP